マスターコース名
経営コンサルタント養成塾マスターコース
代表者・担当者等連絡先
代表者 寺嶋 直史
(連絡先)terajima@reving-partner.com
事務局 鯉沼 和久
(連絡先)keiconjyuku@gmail.com
開催場所
都内区民館 など
開催日時
原則 毎月第3土曜日 10:00~17:00
参加費
25万円(年会費、受講料、テキスト、コンサル現場で活用する様式フォーマット代、すべて込み)
会員数
30名

1.コースの目的:
中小企業診断士の、経営コンサルティングのスキルの底上げ。中小零細企業の支援に必要な、調査・診断・現場支援のノウハウ、実践力を身に付け、調査報告書や事業計画書の作成、顧問契約、現場支援等、経営コンサルタントとして様々な場面で対応できるスキルを持った診断士を育成する。

2.コースの内容:
・第1回(6月):銀行対応と資金繰り ~銀行対応・借入・資金繰りに関する知識の習得~
・第2回(7月):事業DD(1) 事業DDに必要な基礎スキル ~思考法、フレームワーク、ヒアリング~
・第3回(8月):事業DD(2) 報告書の作成方法1 ~事業DD基礎と外部環境分析~
・第4回(9月):事業DD(3) 報告書の作成方法2 ~中小企業の財務分析~
・第5回(10月):事業DD(4) 報告書の作成方法3 ~内部環境分析~
・第6回(11月):事業DD(5) 事業DDケーススタディ ~架空企業の事業DDの実践、報告書作成~
・第7回(12月):事業DD(6) 事業調査報告書の発表 ~各企業の報告書の発表~
・第8回(1月):事業計画、予実管理、資金繰り表 ~事業DD実務(架空企業を対象)~
・第9回(2月):売上アップの手法(1) ~営業、販促、マーケティング、ブランディング~
・第10回(3月):売上アップの手法(2) ~売上アップのルーチン化
・第11回(4月):様々なコンサルティング手法 ~顧問契約、グループコンサルティングなど~

3.コースの特徴:

事業再生・経営コンサルタントが実践しているノウハウや使用しているフォーマットを全面的に伝授。プロの経営コンサルタントとして必要な様々なスキル(調査力、診断力、問題解決力、報告書作成力、財務分析力、現場支援力)が短期間で身に付く。

【本講義で身に付くコンサルティング手法】
(1) 事業デューデリジェンスによる、企業診断・財務分析・外部分析・内部分析・改善施策の提案・事業計画作成、といった一連のコンサルティング手法(1人で、短期間で、高品質な事業調査報告書を作成できるスキルを身に付ける)
(2) 顧問契約による、長期間、定期訪問で実施するコンサルティング手法
(3) グループコンサルティングによる、社員を巻き込んで一緒に問題解決施策を立案するコンサルティング手法

中央支部研究会部