東京協会・中央支部には、
  ① 東京協会に外部から案件委託がある場合(東京協会が主体となって受託し、各支部からの推薦者を担当者として案件対応する)
  ② 東京協会に外部から担当者のあっせん依頼がある場合(東京協会が各支部からの推薦者をあっせん)
  ③ 中央支部に外部から案件委託または担当者のあっせん依頼がある場合
  ④ 部会活動やプロジェクト活動を通じ、ビジネスニーズをもつ外部企業・団体との接点をもつ場合
  ⑤ 各種イベントの参加を通じて、ビジネスニーズをもつ外部企業・団体との接点をもつ場合
といったビジネスルート・ビジネス機会があります。

ビジネス機会の内容としては、
  ① 経営改善計画策定支援事業、金融機関の中小企業経営支援事業など
  ② 経営相談員、補助金審査員など
  ③ 補助金サポート員、セミナー講師など
  ④ 企業研修、執筆など
があります。(平成29年4月1日現在)