中央支部会員の皆様
中央支部 広報部
東京協会広報部発行の会報誌「TOKYO SMECAニュース」の投稿要領について、変更がありますので、中央支部会員の皆様にあらためてご連絡いたします。
会報誌作成の予算逼迫に伴う処置となりますので、皆様にはご不便をお掛けいたしますが、なにとぞご理解、ご協力いただけますようお願い申し上げます。
【投稿要領変更のポイント】(6月1日(月)締切の7月号より適用)
●「会員コーナー」と「見聞録」につきましては、従来の半分のページ(1/2ページまでの文量)でお願いいたします。
●また全員参加できない団体・行事につきましては、新設する「掲示板」ページに3行でお願いします。
「会員コーナー」・・東京協会・支部行事、東京協会・支部登録研究会等の報告や、会員の動向、親睦等をその主な内容とするもの
「見聞録」・・訪問や受講等を通じて得た知見をその主な内容とするもの
以下、東京協会サイトでの告知より転載
http://www.t-smeca.com/shibu_info/2015/04/post-76.html
------------------------
会員の皆様へご投稿についてのお願い
東京協会 広報部
いつもTOKYO SMECAニュースに、多くのご投稿をいただきましてありがとうございます。
今まで締切までにいただきましたご投稿につきましては、すべて掲載をしてまいりました。
そのため毎号ともページ数が当初想定していたものよりも上回ることが多くなりました。
その結果、毎年度予算を上回る事態となっております。
御承知のとおりTOKYO SMECAニュースは、会員の皆様の会費で賄われており、予算にも限りがございます。
そこで苦渋の決断ではございますが、今まで1ページの文量で掲載しておりました「会員コーナー」と「見聞録」につきましては、半分のページにさせていただきます。
文字のポイント数を落としますと読みにくくなることが想定されますので、次の規程にてご投稿をお願いする次第です。
また写真も1点に限らせていただきます。(1行40文字×17行以内)
もう一つお願いです。
それは全員参加できない行事については、ご投稿を次のとおりに願いたいということです。
具体的には出身母校を主体とした○○会、東京協会とは直接関係のない○○診断士会などにつきましては、掲示板(お知らせ)のページを設けますので、3行で告知をお願いします。
以上はなはだ心苦しいお願いではございますが、限りある予算を有効に使うにはやむを得ない措置であることをご理解いただきまして、なにとぞご協力をお願いする次第です。
*なおこのお願いにつきましては、6月1日(月)締切の7月号から摘要とさせていただきます
------------------------
以上、大変恐縮ですが、よろしくお願いいたします。